サプリに何が起きているのか

妊活中には、普段から飲む機会の多いお茶にも気を配りましょう。普通、妊活中の方が良く飲むお茶としては、タンポポ茶やルイボスティーが良いそうです。これらのお茶はカフェインが入っていません。妊活中の女性にも胎児の成長にも優しい、理想的な飲み物です。実は、ルイボスティーには、貧血を予防するという効果があるという事ですので、妊娠発覚後も、積極的に飲むようにしましょう。

皆さんは、妊活と言えばどのような活動をイメージするでしょうか?妊活というと、基礎体温や食事の管理など、ほとんどの活動は女性がやるものだという印象が強いかと思います。ですが、実は、男性にもぜひお勧めしたい妊活があります。それは、普段の食事の中で葉酸を意識して摂ってみてほしいという事です。流産や不妊におけるリスク要因は母親側だけの問題かというとそうではなく、夫に問題があったという話も良く耳にします。特に注目したいのは、精子の染色体異常です。これは受精卵の着床率に影響をおよぼします。質の高い精子をつくり、染色体異常のリスクを低減するためにも、是非、男性にも実践して欲しい妊活のひとつなのです。
クラミジアの症状と検査方法

葉酸は加熱によって失われやすいため、食材を調理して摂取しようと考える場合にはちょっとしたコツがあります。出来るだけ葉酸の流出を防ぐために、火を通さずそのまま食べられるのが一番良いのですが、食材によって熱を通す必要があるならば、短時間の加熱で済ませられるようなメニューを選び、サッと熱を通すくらいの調理にすれば、葉酸も摂れるかと思います。しかし、毎日の食事で、こうした調理を続けるのはなかなか大変だと感じる方も多いのではないでしょうか。そんな時はサプリによる葉酸摂取が簡単ですから、おススメです。

妊娠中に大切な栄養素は様々にありますが、近年では特に葉酸が注目されている事をご存知ですか?葉酸は、水溶性ビタミンの一種でビタミンB群に属している栄養素です。妊娠中の十分な摂取によって、葉酸の摂取不足の場合に対して、胎児が神経系障害を発症するリスクが下げられたというデータがあるのです。具体的な一日の葉酸摂取量の推奨値として、厚生労働省は一日当たり0.4mgの葉酸の摂取が最も効果的であると勧告しています。この数値は受胎直後からの推奨値ですので、受胎直後から赤ちゃんが健やかに成長するように、妊娠中に限らず、妊娠を計画している方や希望している方も、積極的に摂取した方が良いでしょう。